介護施設の仕事は人間的な成長を実感できるのが良いところ

介護施設労働者の苦労

about site介護施設で働く人によくある苦労話や悩みごとと、その解決策などを紹介しているサイトです。お問い合わせ→kaigo_96@yahoo.co.jp

人間としての成長を実感

人間としての成長を実感

LINEで送る

仕事を通じて成長できる喜び

仕事を通じて人間的に成長していきたいと考える人は多いと思います。しかし一般の企業ではなかなかその実感を味わう事が難しいかもしれません。自分が歯車のひとつとして機能している実感はあっても、それがどう自分の成長に結びついているかわからない事が多いからです。具体的なスキルという意味でも、一般の企業でスキルが上がったと感じる事は難しいかもしれません。介護施設で働く介護士の場合は人間的に成長できているという実感を持つ事ができます。昨日までできなかった事ができるようになった瞬間に「成長した」と感じる事ができると思いますが、介護職にはその瞬間が数多く訪れるからです。
利用者をベッドから車いすに運ぶ移動介助などはスキルが必要な作業です。昨日までは力任せに移動介助をして疲労感を感じていたのに、コツを掴んで体力を使わずに車いすへの移動介助が出来た場合は自分の成長を感じる事ができるでしょう。

成長が相手の反応でわかる

また介護施設にはたくさんの職員が働いていて、利用している高齢者もたくさんいます。介護のスキルが上がり、コミュニケーション能力が上がると、周囲の見る目が変わります。介護のスキルが高くなると周囲の職員が尊敬のまなざしで見てくれるようになりますので、そこで自分の成長を実感する事ができます。またコミュニケーション能力が高くなると、周囲の職員の表情が明るくなり、職場の雰囲気まで良くなっていきます。利用者の態度も柔らかくなり、信頼されている事を肌で感じる事ができるようになるでしょう。
このようにたくさんの人に囲まれているからこそ自分の成長をリアルに感じる事ができるというメリットがあります。周囲の人の反応は自分の態度の鏡でもあるのです。

仕事が楽しくなってくる

人間として成長する時には、介護職としてのスキルアップという仕事力アップの一面と、コミュニケーション能力が上がるなど人間力アップの一面があると思います。この二つの能力が上がる事により介護施設の仕事が楽しくなってきます。日頃ストレスを感じる事も少なくなり、効率的に無駄な体力を使わずに仕事をこなせるようになるからです。仕事にたいして余裕を持てるので、さらに上の資格を狙って勉強をしたり、より繊細な介護を心がけるようになります。
このように人間的に成長をすると、さらなる成長を目指して努力するようになります。もしかしたら努力とも感じず、楽しんで人間的成長を続けて行く事ができるようになるかもしれません。「最近なんだか仕事が楽しい」と感じる事ができるようになった時は人間的に成長できた瞬間なのかもしれません。